大切な家族とずっと一緒にいたいから「わんにゃん黒豆茶」

黒豆茶とは

黒豆は黒大豆とも呼ばれる大豆の一種で、 表面の黒い種皮に含まれるのは天然色素のポリフェノール「アントシアニン」。アントシアニンには抗酸化作用があり、様々な健康効果が期待できます。このアントシアニンを始めとした黒豆の栄養をたっぷりとるために有効なのが、黒豆茶です。

  

福岡県産の「筑前クロダマル」を使った黒豆茶は、煮出さずに簡単に黒豆の栄養素を取ることができます。 淹れた後の黒豆をそのまま食べて栄養補給にもなるのでペットのおやつとしてもおすすめ。 飲んですっきり、食べてほっこり!日々の暮らしにペットと一緒にお手軽な黒豆茶で健康づくりをしませんか。

  

ノンカフェインで安心

黒豆茶はノンカフェインなところもポイント。わんちゃんやねこちゃんに有害と言われているカフェインが含まれていません。原材料は黒大豆のみなので、安心して飲ませていただいて大丈夫です。

黒豆茶の淹れ方

 

 

淹れた後の黒豆はやわらかくなるので、そのままお召し上がりいただけます。普段のペット食のトッピングとしてもおすすめです。

① お湯呑みは15粒くらい、急須は30〜40粒くらい入れる。
② お湯を注いで5分程で、きれいな紫色の黒豆茶の出来上がり。

 

 

 

お散歩のお供に「アイス黒豆茶」

① 携帯ボトル(500ml)に、黒豆30粒くらい入れる。
② お湯を3分の一注ぐ
③ 5分程待つ。
④ お水と氷を入れる。

 

ペットと飼い主さん両方が健康になれる(獣医師 鈴木先生からのコメント)

当院では、東洋医学を取り入れた治療をペットに行っております。
その中で毎日食べるお食事をとても大切にしているため、「薬膳」を取り入れたお食事をお勧めしています。
太宰府焙煎堂さんの黒豆茶は、とても飲みやすくペットだけではなく飼い主様にもとても喜んでいただいていて、ペットと飼い主さん両方が健康になれるお茶だと思っています。

  

黒豆の薬膳的な効能としては、「利水、活血、補血、補腎」などがあります。簡単に言うと血の巡り、お水の巡りをよくしながら血を作っていったり、アンチエイジングなど様々な効果がある万能の食材です。
一方で黒豆を1から煮て食べると言うのはとても手間がかかることなので、黒豆茶として簡単に取り入れられるのはとても手軽で使いやすいと思います。

   

東洋医学的には、季節では冬、年齢的にはシニアになると「腎」が弱りやすくなると言われています。ぜひペットも人も一緒に黒豆茶を飲んで、健康で元気になってほしいですね!

 

お客様の声

福岡県春日市 あずきちゃん

知人から、黒豆茶は水分補給に良いと聞いて初めて飲ませましたが、あまり水分を摂らないワンちゃんが、とても喜んで飲み干しました。残った黒豆もおやつ代わりに完食。
これからもぜひリピートしたいと思います。

福岡県朝倉郡筑前町 ルーナちゃん

いつも私が愛飲してる黒豆茶をルーナに与えたところ、あっという間に喜んで飲んでくれました。
黒豆茶はアンチエイジングにも良いと聞き、お湯を入れるだけで手軽に与えられて便利なので、これからも続けたいと思います。

福岡県筑紫野市 ココロちゃん

猫を飼い始めた時から自然素材でなにか手軽に健康に良い飲みものがないか探していました。ペットショップでおススメの黒豆茶を飲ませてみると、ガブガブ美味しそうに飲んでくれて、残った黒豆も食べてくれました。
毛量の多い猫ちゃんですが、抜け毛が減って毛ツヤが良くなった気がします。

福岡県福岡市 ろっくちゃん

太宰府のお店で黒豆茶を試飲させていただいたら、喜んで飲んでくれました。
今まで、お水以外で何を飲ませて良いかわからなかったのですが、ペット獣医師もおススメと聞いてワンちゃんの健康維持の為にぜひ続けたいと思います。

福岡県糟屋郡新宮町 茶太郎くん

私が飲んでる黒豆茶を与えたら大好きになったようです。
私と同じものを一緒に飲めるので嬉しいです。